facebook twitter instagram

お知らせ

笠間稲荷神社「八重の藤」見ごろです!

お知らせ
笠間稲荷神社「八重の藤」見ごろです!
笠間稲荷神社の境内には、樹齢400年におよぶ「二株の藤樹」があります。拝殿側にある葡萄の房のような花をつける珍しい品種「八重の藤」は、昭和42年(1967年)に茨城県の天然記念物に指定されており、根元の幹周囲約5.3mで、枝の広がる面積は約130㎡にもなり、県内一の大きさを誇ります。もう一株の「大藤」は、一重咲きで花房の長さが1mにも及びます。甘くさわやかな香りが漂う境内は、濃紫色の美しい花を撮影する参拝客らで賑わっています。
TOP