facebook twitter instagram

スポット

地蔵院本堂

日本遺産/建造物/社寺・仏閣
永正年間(1504~1521)に、宇都宮家の3代目、宇都宮朝綱が菩提寺である尾羽寺の阿弥陀堂として建立しました。本堂は杮葺き型銅板葺きで、木造阿弥陀三尊像や絹本著色両界曼荼羅図などが納められています。国の重要文化財にも指定されています。
住所
栃木県益子町上大羽945-1
カテゴリ
日本遺産/建造物/社寺・仏閣
TOP