facebook twitter instagram

スポット

地蔵院本堂

日本遺産/建造物/社寺・仏閣
鎌倉時代の建久4年(1193年)に尾羽寺の阿弥陀堂として宇都宮朝綱によって創建された。室町時代永正年間(1504~21年)に改築されている。本堂は元茅葺きで現在は杮葺きの入母屋造。
春日厨子内には阿弥陀三尊像(鎌倉時代・県指定文化財)の両脇侍は、近年の研究で快慶一派作ともいわれている。堂内には平安時代作の阿弥陀三尊像(県指定文化財)や両界曼荼羅図も安置されている。(堂内は通常非公開)
住所
栃木県芳賀郡益子町上大羽945-1
カテゴリ
日本遺産/建造物/社寺・仏閣
TOP