facebook twitter instagram

スポット

西明寺(三重塔、楼門、本堂内厨子)

日本遺産/建造物/社寺・仏閣
西明寺は天平9年(737)の創建と伝えられています。真言宗豊山派で、十一面観音を本尊とする由緒ある寺です。境内には宇都宮氏の家臣である益子氏が建立した三重塔、楼門、本堂内厨子があり、これらは国の重要文化財に指定されています。また益子焼の祖、大塚啓三郎の碑もあります。
住所
栃木県益子町益子4469
カテゴリ
日本遺産/建造物/社寺・仏閣
TOP